婦人

効果と注意点

メディシン

クロレラは栄養素が豊富に含まれているため青汁の材料としても使われています。その効果には抗酸化作用、排泄の促進、乳酸菌の成長作用などがあります。ただし、抗血液凝固剤を服用している人は効果が若干減る可能性がありますので、事前に医師に相談してみると良いでしょう。

もっと詳しく

健康維持しつつ体型改善

医薬品

ライオンから発表された内臓脂肪を減らすことができるサプリメントがラクトフェリンです。長年の研究結果と思いもよらぬ偶然が重なり生まれたラクトフェリンは、7年連続1位を獲得するなど不動の人気を誇っています。

もっと詳しく

人間に役立つ菌類

薬剤

乳酸菌を取り入れるためには、ヨーグルトなどの食品も利用できます。ですが大量の乳酸菌を摂取したい場合には、サプリメントが適しています。複数の乳酸菌が含まれているサプリメントもありますので、自分の腸に適したものを見つけやすくなっています。

もっと詳しく

健康食品の上手な活用

栄養剤

女性の魅力と体調をつかさどるエストロゲンのすべて

女性らしい魅力を手に入れたいなら、女性ホルモンを増やす方法を試すことが最適ですよ!体つきにも変化が現れるので要チェックです!

不快症状の原因と改善

健康食品や栄養補助食品を上手に活用することで、健康や美容効果を高めることができるのです。女性の身体は、閉経が近づく50代前後になると気持ちが塞ぎ込んだり動悸や発汗などの不快症状が見られることがあります。息切れ・だるさ・頭痛などの身体で感じる症状だけでなく、イライラ・不安感・憂鬱・意欲の低下といった精神的なつらさが見られる人も少なくありません。これらの症状は、更年期障害と考えられ女性ホルモンの分泌が不足して起こります。女性ホルモンは、女性の身体で作られているものですが、閉経前後にはバランスが崩れてしまいます。この女性ホルモンを増やすことができれば、不快症状を緩和することができるのです。女性ホルモンを増やすために効果があるとされているのが、ホルモンバランスを整える役割があるプラセンタを体内に取り入れる方法です。また、女性ホルモンとよく似た働きをする大豆イソフラボンを積極的に摂取する方法があります。

ホルモンバランスを整える

婦人科や内科では、女性ホルモン分泌のバランスを整えたり増やすためにプラセンタ注射を行っています。しかし、1回の注射にかかる費用が高いことが難点であると感じる人も少なくありません。しかし、サプリメントなどの健康食品として販売されているプラセンタは、注射に比べると価格も安く続けやすいという点がメリットです。もちろん、病院で受けるプラセンタ注射のほうが即効性はありますが、予防として健康食品を利用することは、緩やかではあるものの効果が期待できます。また、大豆製品に多く含まれる栄養素である大豆イソフラボンを配合した健康食品は、価格も安く食材で摂取するよりも効率的に女性ホルモンを増やすことができるため人気です。